仮想通貨はさまざまな種類があり、取引所や販売所などで売買しています。取引によって利益を出す方やマイニングなどによって仮想通貨の枚数を増やすなど人によってさまざまな方法で仮想通貨にかかわりを持っている方は増えています。また仮想通貨 ウォレットという仮想通貨を保管するウォレットが存在します。取引所などでも仮想通貨の管理は可能ですが、インターネット上からのハッキングなどの危険にさらされる可能性もあり、必ずしも安全とは限りません。仮想通貨 ウォレットにはいくつかの種類があるためその特徴を把握してより安全に管理するためにはどうしたらいいか判断してみましょう。
始めに取引所で保管する方法です、これは上記でも指摘した通りインターネット上からの攻撃に対して取引所がしっかりと対策をしているかどうかという点が重要になります。ですが、仮想通貨の取引を行っている方は取引所が用意しているウォレットを利用することが比較的容易であるため、利用者が多い傾向もあります。少額ならばハッキングなどの被害に遭っても被害は少ないですがかなりの金額で取引を行っている場合には、取引所ではなく他の種類のウォレットでの管理を検討するほうがいいでしょう。
次にウェブウォレットです。これもインターネット上で利用するウェブサービスのためハッキングのリスクがある点がデメリットといえるでしょう。ですが、アカウントを作成し気軽に利用できる点はメリットといえるでしょう。取引所やウェブウォレットの場合には、セキュリティ面がとても重要になりますが、取引所やウェブウォレットの管理側がその点を意識してしっかりと対策をしてくれればある程度安心できますが、実際にハッキングの被害を受けることもあるという点は把握しておきましょう。
PCやスマートフォンにウォレットをダウンロードして保管するという方法もあります。これは取引所、ウェブウォレットなどよりも安全性が高いため、仮想通貨をきちんと管理したい場合にはPC、もしくはスマートフォンでウォレット管理してみるのも有効な手段です。ただす、PCやスマートフォンの故障などのトラブルによってウォレットを使えなくなる可能性もあるため、バックアップファイルなど定期的に保存しておくようにしましょう。PCやスマートフォンもいつどのような時に故障を起こすかわかりません。もしものためのバックアップは仮想通貨だけでなく自身が必要としているデータなどに関して定期的に取っておくことは重要です。必要なデータ、重要なファイルなどきちんとバックアップデータを取っておきましょう。
もう一つの方法としてハードウェアウォレットがあります。これはインターネット上につながっていなくても秘密鍵を管理できるため安全性がより高い保管方法です。オフライン上での管理になるためハッキングなどの被害を受けにくい、セキュリティ面としては優れているといえるでしょう。ただし、端末を紛失、盗難のリスクがあるため端末自体の管理が重要です。また、この端末は購入する必要があるため購入費が必要です。価格なども1万円以上するものが多いため今後、世の中に仮想通貨が普及することによりある程度価格の安い端末も市販される可能性はあります。通貨の種類によって使える端末なども決まっている点から、仮想通貨の保有種類が多い方は複数の端末で管理す必要がでてきます。
仮想通貨用のウォレットと一口にいってもいくつかの種類がありそれぞれ特徴があります。自身が使い勝手のいいウォレットを選択するというのも一つの方法ですが、より安全性を重視するということも大切です。短期間か長期間、管理するという点でもウォレットの種類の選択には悩む方も多いでしょう。取引や短期間の保有などの場合には、取引所やウェブウォレットなどを利用してみるというのも有効な手段です。また、長期間の保有などを考慮する場合にはPC、スマートフォンでウォレット管理する、ハードウェアウォレットを購入して管理するなどの方法を選択してみてもいいでしょう。さまざまな管理方法がありますが、リスクと安全性などに関して把握して自身でもっとも適したウォレットを選択することが大切です。
また、仮想通貨の種類によってはウォレットで保管することでマイニングをするタイプのものも増えています。そのため、それなりの枚数保有し、枚数を増やしていく、増えた分を取引所などで売買するという方もいます。仮想通貨の種類、特徴などもいろいろと知識をつけることで、売買をする目的や保有、マイニングなどさまざまな目的で多くの人がかかわっています。ウォレットに関してもどのような目的なのかに合わせて選択をしてみるのもいいでしょう。有名な仮想通貨だけでなく、国内で売買されていない仮想通貨なども数多く存在しているためインターネットなどを通じて特徴を調べ、それに合わせてウォレットの保管方法など検討していきましょう。